身近な自然・草花のことを中心に、心に触れた詩や音楽や美術展、日常の出来事やスピリチュアルな話題など幅広く混ぜながら、徒然にお便りします。

Ayaの徒然お便り

.

記事アップのお知らせ

  1. 2016.08.11(木) _15:07:44
  2. 暮らしの中で ~あれこれ~
 
新ブログの方に記事をアップしました。
今後は新ブログがメインになります。
 
 
  
新ブログ↓
 
  風の声・花の光 


たまにこの旧ブログ「Ayaの徒然お便り」に記事を載せるかもしれませんが、
多くは無いと推測しますので、
ブログ村のランキングリンクは下の方に下げておきます。

代わりに新ブログの方にはブログ村リンクを新たに設置しましたので、
新ブログの方で、ブログ村のバナーにクリック応援をいただけたると、嬉しいです。

どうぞ宜しくお願いします。m(_ _)m












テーマ : ありがとう    ジャンル : 心と身体
edit

「天皇陛下のお気持ち表明」の全文を読み

  1. 2016.08.08(月) _16:58:41
  2. 政治、時事、社会


天皇陛下のお気持ち表明の全文を読み、


昭和皇太子時代、そのご成婚前から、
時の動きを共にしてきた世代の一人としては、
痛い程胸に響きます。

 
”全身全霊”で公務に・・・・・・・・・・・・・・・・・
このお言葉に、これまでのご公務へのお気持ちのすべてが象徴されていませんでしょうか。

 
”全身全霊”でご公務に携わって来られたのは
皇太子時代からだったと拝察しています。

 


多くは語りたくありませんが、
今、後継と決められているご人物夫妻の行動のどこかに、
この言葉が当てはまる個所はありますでしょうか?



あいにく否かと。




案じられるのは後継です。

 


「お気持ち」の全文の中にも、
皇統としてのお仕事をなさらない後継のことでも、長きにわたり、ご心労になっていらしたように
お心拝察できる気がするのですが・・・・・・・・・・・・・・私勝手な気のせいでしょうか?
 



日本の皇室という世界に誇る伝統文化は
今後どのような姿になるのでしょう?



現状のまま漫然と、(後継は)決まっていることとして進むのでは
近い未来に皇室の存続さえ危ぶまれませんか?



日本は勇気ある選択の時ではないでしょうか。



どういう風な選択を、なのかは
個人として何も言うつもりはありませんが、

 

日本の皇室が最善の方向に歩むことが出来るよう
ただただ祈るばかりです。

 
  
 
 
 
 
 
  
 






edit

新ブログのお知らせ  

  1. 2016.08.01(月) _01:57:33
  2. 暮らしの中で ~あれこれ~
 
 
 
こんにちは

ご訪問有難うございます。
 
 
 
唐突ですが、
新ブログを立ち上げました。


このブログは、このまま残しますが、
新しい記事のアップは

8月からは
新ブログの方になります。ほぼ移転です。
 (内容によっては、こちらとで書き分ける可能性はあります。)
 




新ブログ名
☆ 風の声・花の光 ☆
身近な自然、道端の草花や、暮らしの中のあれこれに見られる、光とスピリチュアルな響き
~ Sylph's 徒然便り ~

 ※ Sylphは風の精です。^^


ドメインアドレスは、下記です。
 http://www.roses88.com/


内容はほぼ同じような感じになりますが、
少しイメージチェンジをするために、
服を着替えるようなものでしょうか?
 
 
前記事の1111の数字メッセージでも示されているように、
何かしらが新しくなってゆく・・・・・・・、

慌ただしく新ブログ立ち上げ(ほぼ移転)を決めたのも、
こういう大きな流れの中の一つの動きではないかと・・・・。



さて、新しいブログ服、着心地はどうかな??



 
新ブログが多くの皆様に親しんでいただけますように・・・・・・・・・・・。

どうぞ宜しくお願いします。
















テーマ : ありがとう    ジャンル : 心と身体
edit

1111数字メッセージ

  1. 2016.07.23(土) _12:20:00
  2. 宇宙とスピリチュアル
  3.  コメント:0


 

1111

この数字を目にすることが増えています。

日によっては連続してこの数字に出会います。(今日もでした。)


直感的に連想するのは

始まりを意味する1の4倍ということであり、

それだけでも強いメッセージ性を感じずにはいられません。



ロナ・ハーマンさんの著書

「アセンションのためのワークブック」では

シンプルに記載されています。

まったく新しいレベルないしは局面の発展の開始。

ポータルの開き、あるいは、より高い周波数体験の段階への通過儀礼。

あるいは、エネルギーのしるしを純粋なものとするための通過儀礼。

アセンションの螺旋状の階段を一歩昇ることに、たとえることもできます。



ワォ、

この数か月の体調不良は

体が新しい周波数に慣れてゆくための通過儀礼の一種ではないかという気もしていましたが、

大きく間違ってはいないかも・・・・・。

(もち、単なる体力の衰えや免疫力の低下が関わることは否定しませんが。)




1111は1の4倍ですから、

1という数字の意味の他に4の数字の意味も関わります。

分解してみます。

ドリーンバーチューさんの著書

「エンジェルナンバー」を参考にします。


1 

私たちはみな一つであり、よって、誰もが思考を通じて結びついています。

考えることに注意し、恐れではなく、望みの方に集中させてください。


11

繰り返し浮かぶ考えやアイデアに注意してください。

それがあなたの祈りへの応えです。

この数字はとても創造性が高い人をあらわし、

依存性をもたらすような行為を避ける必要があることを示しています。


111

エネルギーの通り道が開きました。

あなたの思考はすばやく現実となります。

この時期、思考を賢く選ぶこと。

思考が願望と確実に一致したものであるようにしてください。

恐れには一切エネルギーを費やさないように。

そうしないとそれが現実化してしまいます。



同111を

ロナ・ハーマンさんの著書

「アセンションのためのワークブック」では

人生のある領域が調和とバランスが取れていることを示します。

あなたが現在体験しているレベルがどのようなものであれ、

これらの数字はそれを高めてくれます。



(「エンジェルナンバー」より)

ホッと優しいです。


天使があなたとともにいます。

彼らに助け、導き、そして愛と安らぎを求めてください。





これらの意味をトータルに含ませながら、

1111という数字との頻発した出会いを、

ガイドあるいはハイアーセルフからの愛のメッセージとして

素直に受け止めてみようと・・・・・・・・・。


有難う。




とは言え、体はもっと丈夫にな~れ。













edit

久々のご挨拶

  1. 2016.07.22(金) _12:14:59
  2. 暮らしの中で ~あれこれ~
  3.  コメント:0

 
 
  
長い間、ブログ&HP更新をお休みしました。


3月に体調を崩してから、
様々に症状を変えながら、
長引きました。



身体の変調は
エネルギーの変化に伴うことがあります。
今年の身体の変調はそれも有るかなと思えます。

が、もち基礎体力や免疫力などの低下も著しく有りのようで、
いろいろな面で(食生活の有り方など含めて)見直しをすることとなり、

これも必要な見直しと充電時期だったのかもしれないと思うことにしています。




何にしろ
体調の方は大分安定してきましたので、


そろそろ、
ブログ、HPの更新&見直しに移ろうと思います。


(ブログはお引越しを考えてますので、
何処に移ろうか、ただ今、急ピッチで思案中です。
移転先が決まりましたら、ご案内させていただきますね。)






お休みで自分でも自分のブログ&自分のHPに立ち寄らなかった間にも
訪問して下さっていた皆さま

有難うございます。m(_ _)m 



慌てずゆるりペースですが、ぼちぼち再開しますので、またご訪問くださいね。


今日はご挨拶までで失礼します。 















テーマ : 日記    ジャンル : 心と身体
edit

熊本地震で、自分に出来ることを・・・・・・・・・・。

  1. 2016.04.16(土) _16:01:21
  2. 東日本大震災、熊本地震
 
 

 
160417nanohana.jpg



熊本の地震では
観測史上例のない事象ということで、
予測できない余震と本震が続き、被害も拡がっていますね。

 

こんな時、 
自分に何か出来ることはないか?
微力でも出来ることをしたい・・・・・・・・・・・・・と、
気持ちはあるものの、


この度は
私も体調が戻らず、積極的に何かをという感じではないため、
控えめに
Y&Yの岡本様のブログでの呼びかけに協調させていただこうと思います。




一部転載
http://ameblo.jp/shasta-angel/entry-12150841148.html
----------------------------

ガイアのために
静かに自身の内側につながって
平安を保ち
その平安と愛を地球に送ってください。
ガイアとの静かなる共振の時間を持ってください。
無心に、ガイアと穏やかな時間を過ごしてください。

レイキのプラクティショナーは、マスターシンボルとともにレイキの光をガイアに送ってください。

カルナのマスターは、光とともに、OM, Shanti, Shanti,OM のトーニングをガイアに送ってください。

-----------------------------



加えて私から
クァンイン、ファシリテーターの方は
ラベンダーのシンボルを直接被災地にイメージで描き、マントラをトーニングして送りましょう。





また
皆さまのご存じの方法で
ポジティブな穏やかな気持ちで
ガイアと、そして被災されている方々に、安らぎと癒しの光を送りましょう。
動転したり、不安がったりする気持ちは、マイナスに伝わります。







地震が静まってゆきますように・・・・・・・。


避難そして支援活動されているすべての皆様のご無事をお祈りし、
お見舞い申し上げつつ・・・・・・・・・・・・・・・・・。






















テーマ : 心と身体    ジャンル : 心と身体
edit

レムリアンシードクリスタル・アチューメント体験(その1) ”光の都市”との出会い & 金色の宇宙船や・・・・。  (その1)

  1. 2016.04.16(土) _02:17:26
  2. ヒーリング受け体験
 
 
  
熊本の地震・・・・・・、
続く余震や今後の気象など気になりますね。
心配です。

ニュースを注視しながら、
被災されている方がた、および救助支援されているすべての方々の
安全とご無事をお祈りしつつ、


自分事ですが、
先週末、
久々に受けたアチューメントセッションでのことを
記録のつもりで書かせていただきます。




~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~




予約は2月初旬ですから、ずいぶん前です。

レムリアンシード・クリスタルを使ったアチューメントセッションということで、
どんなものなのか、ふいに興味が湧き、
ま、やってみるのが早いということで申込んだのですが、
(信頼できる方のセッションでしたので、心が向けば決めるのは早かったです。)



予定が近づくにつれ、体調が崩れ、
セッション予約日の1週間前まで熱で寝込んでいたという有様となり、
(前記事に書かせていただいたとおりで。)
当日も熱のぶり返し?みたいな状態となっていて、再び投薬を受けながらの
遠隔受けセッションでしたから、
感じられるのかどうか不安でした。



が、
なかなか印象深い体験となりました。



いろいろな反応が体に出たようで、(相当体調は崩していたこともあってか、)
心地良いというのとは真逆に違い、
苦しい・・・・・・・・・・・その日は終日ダウン状態。
こんな苦しいセッションって有り?とその日の夜は思ったものでした。




ですが後でだんだん考えると、受ける必要があった・・・・・・呼ばれたのかな?と感じるものが。






始めは金色の光の粒子が降る様子。
この辺は比較的穏やかな。

その内、金色の光に包まれて、
地中に潜ってゆきます。


地中の種の気持ちってこういう風かしら?等とたわいないことを思いつつ、
地中の感じを味わっていると、


(この辺りで、
「これはセドナから来た」と声が聞こえる。何が?はこの時点では不明。)



下の方にゼリー素材のような板が立っているのが見え、
おや?っと思う間も無く、その板(どうやら扉)の前に居る。

扉は半透明で、ゼリー状?で、高さは私の身長より小さめ。
どこにも取っては無く、単に板。
が、扉と認識している。


そしてその扉の後ろには

巨大雄大な”光の都市”が見える。

威圧的ではなく、雄大な山があるかのよう・・・・けれど形状は都市。



戸惑う自分。
この都市は?
本物?
まやかし?

この扉を通るとどうなるの?
帰って来られるの?等々

未知のものへの怖れや猜疑心なども駆け巡り
頭の中がフル回転で、
判断材料(情報)を探そうとしている。


(扉は、エーテルになって通過する仕組みのようで、取っ手で開くタイプではないらしい。)


結局、
もう少し検証したい、ということになり、

今はその扉を通らない方向で(笑)、心が決ったようだった。(苦笑)

(ま、いきなり光の都市の前に立たされても、
まだそれを受け入れる心の準備が出来ていないといった感じだったかな?)




すると横に滑る様に扉から離れ、
今度はぐんぐんと上昇してゆく。

上昇しながら、光の都市が見渡せる。


すべてがクリスタルで出来ているかのようで、
光を放ち、調和し、静まり、透明感があって、非常に美しく、


その美しさに、思わず、ああと感嘆しながら、上昇してゆく。
(その美しさはまさに夢か幻か、しかし目と心にしっかり焼き付く。)



上昇してゆくと
今度は上の方に
金色の大型の船が見える。
(西洋の豪華客船のような形であったが、後で考えると単に円盤状の宇宙船なのかも?母船?)

船には、見えると同時に吸い込まれ、
気付くともう船の中に居る。

ウム?と周りを見渡そうとすると
麻酔をかけられたように

いきなり眠ってしまう。


あとは数時間。
途中一度目を覚ましたが、頭を押さえつけられるような感じで
起きられず、
午前中のセッションでありながら夕方6時まで眠る、というか、麻酔?から覚めない感じ。




苦しさは起きた後の体感となります。




その2に続く。
( 地震被害に配慮して、続きはしばらく後なります。)












テーマ : スピリチュアル    ジャンル : 心と身体
edit

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>




PAGE
TOP