Ayaの徒然お便り

身近な自然・草花のことを中心に、心に触れた詩や音楽や美術展、日常の出来事やスピリチュアルな話題など幅広く混ぜながら、徒然にお便りします。

Category [本を通して ] 記事一覧

久々に「ギリシャ悲劇全集」を開いて②   「王女メディア」を振り返る。

   台風は去り、空に明るさが戻ってきました。一部では梅雨明けとなったそうで、いよいよ入道殿が真夏の空にお出ましですね。写真はこの台風接近前の夕空~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~この記事は前記事からの続きになります。どうやら私は人文書院「ギリシャ悲劇全集」という古い本をとおして、、すっかり紀元前のギリシャ劇場に(心が)飛び、入り込んで行ったようです。全集は一巻目がアイスキュロス作篇で「ペル...

久々に「ギリシャ悲劇全集」を開いて①  「オイディプス王」と映画「アポロンの地獄」を振り返る。

      台風の最中にこれを書いています。風強し・・・・・・・・・・。皆さまのお住まいの地域は大丈夫ですか?~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~今日はギリシャ悲劇に関する古い思い出話しです。  (↑青文字をクリックでウイクペディア説明頁に移動します。) 書庫が満杯で整理を何度しても、その都度、これは手放せないよという部類に入り、長年保管され続けてきた古い古い愛蔵書の中に、昭和46年重版と巻末に記され...

写真家・詩人 星野道夫氏の世界 

    出かけた先でふと目にした映像(BS放送の一部)が印象深く、けれども長くは見ていられなかったため、映像に映し出された写真上に手書き風に書かれていた名前をメモし、家に帰ってから、その名前をキーワードにして検索してみました。キーワードの向こうに、写真家&詩人でもある星野道夫という人の世界が浮かび上がり、この人の手がけた写真は見たことが何度かあり・・・・・・・・ああ、この人だったんだと懐かしいよう...

芽吹き &  ヴィパッサナー瞑想DVD本より

  芽ぶき伊勢神宮にてこの写真の対象物は、私の身長からすると大分高く遠く、接写が出来ず、思いっきり背伸びして思いっきり(カメラを持つ)両手を高く掲げて、今にも転びそうな姿勢で感だけを頼りに乱撮りした一部です。~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*すっかりご無沙汰しました。月のサイクルでは新月に始まり、新月で締めくくられた今年一月は自分のことで忙しくしていました。忙しいのは用事だけではあ...

リサ・ロイヤルさんWSのシンクロ?

  逆光で映してみました。 百合、ダイナミックな生命力ですね。~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*このところ・・・微妙ながら、何か枯渇感のような感じがあって、自分自身に何かしらの癒しが必要に感じてなりませんでした。癒しというべきかどうか?それも判らないほど微妙だったのですけどね。前記事のバシャール2006は改めてじっくり(少しずつですが)読み返しますと、実に良い感じに今の私の心に...

バシャールの詩   「BASHAR 2006」より

バシャールを詩として捉えたことはかつて有りませんでしたが、本文中の誘導瞑想がなかなか美しく、けれど長さがあるので、活字を拾いながら瞑想するのはどうも難しい・・・・・・・・が、詩を読むように味わってみると、それもまた絶妙に良しなのだと、気が付きました。↓バシャール2006―バシャールが語る魂のブループリント(2006/02/17)ダリル・アンカ商品詳細を見る活字でバシャールを読むのはまさに20年ぶりでした。この本は2...

久々の「ジャン・クリストフ」、余波   (ソウルメイトなど)

   どちらが先で、どちらが後かは、一概には言えないと思いますが、ジャン・クリストフのような、不屈の闘いの連続のような小説を、もし読まなかったら、私も、もう少し、普通に女性的な柔らかな生き方が出来ていただろうか?あるいは、すでに(思春期のころ)クリストフに共鳴する生き方(芸術を糧にしてゆくといった)の選択や、苦悩という心理現実が目の前にあったので、必然的に共鳴したのだろうか?今となれば、どちらでも...

蘇る、「ジャン・クリストフ」を読んだ頃 

 先ずは事務的なお知らせ↓~HPサーバーメンテナンスのお知らせ~Harmony of irisesのサイトはサーバーの長時間メンテナンスのため、2011年10月16日日曜日 22時~ 2011年10月17日月曜日 9時まで(予定)アクセス&閲覧が出来ませんのでお知らせします。この間、グーグルなど検索では、サイトが見当たりませんと出るかもしれませんが、どうか慌てずに、サーバー回復までどうぞお待ちくださいませ。~~*~~*~~*~~*~~*~~*...

ハワード・ウイルズ著「生命の贈り物」 改訂版 

霧中の紫蘭~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~以前にもご紹介したことがありますが、(2010年2月記事)ハワード・ウイルズ著「生命の贈り物」は、この4月に「豊かさの祈り」が加わった改訂版が出ています。この豊かさの祈り、私感ではとてもフィットします。生命の贈り物―改訂版―(2011/04/09)ハワード・ウィルズ商品詳細を見るこの本は、許しの祈りの言葉をとおして、許し、癒し、祝福、浄化、解...

ロナ・ハーマンさん著書 「光の翼」「聖なる探求」「黄金の約束」など

  今日は、ロナ・ハーマンさんの本をご紹介します。もともと私がこの本に出会ったのは、ある年のお正月(2、3年前だった?。)”本屋に行きなさい”と、目には見えない何者かに言われ、お正月なので、のんびりして、ほって置いたら、今度は、頭をこづかれ、再び、”本屋に行きなさい!!!”やむなく、どの本屋のことなのか?(本屋さんは近くにも2、3軒は有りますし。)意識のアンテナを伸ばして探したところ、市内最大手の本屋ら...

ご案内

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

HP

☆☆ アチューメント・セッションをメインに行わせていただいています。 心に響くものがありましたら、ご訪問下さい。

プロフィール

Aya

Author:Aya
 
元、染織工芸作家&美術講師。
子供から大人を対象に美術指導をしつつ、色彩の表現など含めてストイックに心と技の研鑽&染織作品発表という日々を過ごす。
傍ら、仏教学を学び、実践として禅を学び、工芸の仕事を動禅と捉え、仕事を通して禅瞑想を深めてゆく。

幾つかの大小の節目を経て染織作家活動からは引退し、呼ばれるようにしてスピリチュアル系の学習レッスンを重ね、98年より(暮らしに支障のない範囲で)レイキ講座などを企画。
06年天使層に出会い、現在は天使系アチューメントをメインに行う。

このブログでは、
スピ系&精神系に偏らないよう、心に触れた詩や音楽や美術展や日常の事など幅広く織り交ぜながら、お便り風に書かせていただきます。

気まぐれ更新になりますが、どうぞ宜しくお願いします。

検索サーチ

本やDVD他、家電やキッチン用品など、多岐の部門から検索できますので、ご活用ください。

Book・心に優しさを

                                             

ブログ内検索

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村

下の画像のどちらをクリックいただきますと、 ブログ村の各ジャンルへ移動します。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心のやすらぎへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

最近のコメント

QRコード

QR

右サイドメニュー

PR

旬の花時計

FC2カウンター